top


「KUKKA」  はフィンランド語で「花」という意味です。
北欧の建築が好きな事、樹木や草花を育てることが好きな事を理由にこの名をえらびました。


今まで、共同住宅、コーポラティブハウス、戸建住宅といった設計に携わり
庭や外部空間と家の建ち方を意識してきました。
共同住宅やコーポラティブハウスでは共用空間を魅力あるものにすること。

住宅なら、家と同規模もしくはそれ以上の割合を占める、
庭やテラスなどの「外でも内でもない」半外部空間と家とのつながりをデザインすること。
まず家ありきでなく、それ以外の部分から家の形が自然にアプローチできるように。

それは、アトリエKUKKAのひとつのテーマである
「家」だけでなく「家の佇まい」をつくることに繋がってくるようにも思っています。

これからもその可能性を探りつつ、
竣工した時をスタートとし、住まい手が時間をかけてゆっくりと紡いでいける家、
そんな家づくりのお手伝いを少しずつ、丁寧にさせていただければと思っております。

アトリエKUKKAの竣工物件から ・ KUKKAの考え方もご覧ください)

inserted by FC2 system